さすらいのハル、異論反論日記

ドラマや映画、漫画やニュースに言いたい放題言わせて頂きます。

やりがいの搾取っていい言葉ですよね

      突然ですが、今2万円が欲しいんです。私は持病のため1日4時間まで、立ち仕事NGという労働条件のところでしか働けません。本当は年末年始だけ人手不足が予想されるので仕事があるのでは、という希望のもとに仕事をネットで調べてみました。結果的にそんな仕事は見つかりませんでした。まあ当たり前です。しかし、自宅近くで資格も活かせる良さげな仕事を発見して応募してみました。別に2万円以上は要らないんですけどね。

   ただ、その仕事は今までの職種とは顧客層も業務内容等も違うので、少し軌道変更が必要です。服装はカジュアルだけどきちんと見える、とか少しテンション高めに設定するとか。そのためには新しい服を買い足したり、仕事内容を自己研修したり。時給千円ならやります、と言いたいところですが、時給以前に洋服の出費と「やりがいの搾取」が生じることに気がつきました。

   経済の仕組みについて深く知らないのが痛いんですが、唯一分かることはお客様は私の労働と交換に時給千円以上、下手したら倍以上払っている、でも私の賃金は千円だということです。当然施設費や広告費等中間に経費と儲けが挟まれているはずです。さて、私は二千円分の仕事をするべきか否か。そこにやりがいの搾取が生まれ、ブラック企業が生まれる素地があるのでしょう。

   先に述べたように「2万円稼げばそれでいいんですけど、仕事が自分に合ってれば長く続けても構いませんよ?」と電話口の女性に言ってみました。「簡単に辞められてしまうとお客様が戸惑われるので…」と困った様子。私、モンスター求人者決定ですね。キーワードは「お客様に満足していただくため」ってところですかね。以前正社員をしていたときは1日の大半を「お客様」のためを考えて過ごしていてボーナスも出て、職業倫理に燃えていたから、思いもよらなかったんです。

        時給という単位で物を考えるようになるとその辺を割り切らなければいけなくなる。たまに似た職種(何かを教える仕事全般)の方が、1時間の授業のために教案考えるのに徹夜しちゃったよ(えっへん)と自慢げに話すことがあります。それってまあ教育実習生はそうだとしても、すごいやりがいの搾取だと思います。実習生はそれを積み重ねてプロになっていくわけですが…徹夜しちゃったとかいう人は割と団塊の世代の方のセカンドキャリアだったりするので、生まれつき活動する、第一線で働くことが生き甲斐で楽しいのでしょうね。

        私はべっぴんさんの明美さんじゃないけど、「手に職をつければ間違いない」のでその知識を活かして2万円を稼ごうとしてます。それだけのスキルはあるけどヤル気は千円ぶんしかない。お客様から苦情が来たら責められる人は誰?施設運営者?(フランチャイズらしいので)親会社?私?