読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいのハル、異論反論日記

ドラマや映画、漫画やニュースに言いたい放題言わせて頂きます。

教育的英語番組久々にキターーーー

http://www4.nhk.or.jp/100otona/ 

       私の本職は英語を教えることなんだけど、英語を勉強するのに良い教材として有名なドラマが幾つかある。最も頻繁に挙がるのは「friends」、実際私もこのドラマを連続10時間見続けた時には飛躍的に英語力が上がった。friends見ている最中、家に母の知り合いのオーストラリア人から電話がかかってきて、流暢に英語を話す自分にビックリしたことがある。あと、恋愛ものはERのような医療もの、刑事ものや弁護士ものと違い、専門用語が出てこないので学習には適切と言われている。ファン層の厚い「sex and the city」「gosshipgirl」なんかもこのうちに入るだろう。

     ただ、これらのドラマを見たことがある人はご存知だろうが、まず下ネタと多少のお色気シーンに直面することなる。まあ、だからこそ勉強のモチベーションが上がるんだけど。それに、恋愛ドラマが好きじゃない人には苦行以外の何物でもない。NHKでもさすがにこれらは放映していないしね。

     だから、人にオススメできて英語学習で頼りになるのはNHK教育の「コドモ枠」と私が勝手に読んでいるアメリカンドラマの数々だ。私が小・中学生のころやっていたのは「フルハウス」で、かなり長寿番組だったし、出演者のうち最初は赤ちゃんだったオルセン姉妹が成長するにつれて彼女たちを主人公にした青春ドラマが次々とコドモ枠で放映されてたっけ。フルハウスは名作だし再放送されたら今の子たちにもオススメできるのに。私と弟が大好きだったのは「アルフ」というコメディで茶色い豚のような猪のような宇宙人が平和な家庭に住んでるという話だった。アルフは超毒舌で、よくある「ほっこり良い話」じゃない所が大好きだったな。

     さて、最近のコドモ枠も一応チェックはしていた。何とか勉強に活かせそうなのは「iCarly」というウェブ番組を作ってる女の子の番組だったが、放送終了してしまった。後番組で今も続いてる「サムアンドキャット」というのを見て「キャットを演ってるアリアナ・グランデって子は英語でも随分トロい喋り方するなあー」と思っていたら、後で歌手でアメリカの超人気アイドル(?) だって知りすごく驚いた。そんな中、久しぶりにコドモ枠に新しい番組が採用されるらしい、と知り昨日見てみたら大当たり!「高校生になるまえにしたい100のこと」っていうタイトルの番組だったと思うけど、教育的要素を全て兼ね備えているのだ。

  (1) アメリカの学校生活が分かる。でもイジメとかに言及しすぎない。(グリーは大好きだけどイジメや妊娠やゲイの問題など盛り沢山すぎる)

   (2) 主人公が女子なのはよくあることだが、女子目線になりすぎず、男子が見ても飽きない。

    (3) 英語が速すぎない、でもドラマ特有の造語とか専門用語は少なめ。

    (4)恋愛要素が少ないので安心して家族の前で見られる、また英語副音声で見れば勉強しているように見える。

 (5) 話がかなり単純でドタバタコメディなので別に英語が分からなくてもそれなりに推測できるし楽しめる。

    以上、小・中学生にもオススメできるポイントでした。お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんも「英語教育なんとかしなきゃ、塾行かせなきゃ」とか言ってる暇があったら水曜日にテレビ付けて一緒に見てあげて下さい。大人には少し物足りないんだけどね。あくまで英語を勉強する手段として割り切るように。ちなみコドモ枠は水曜日の19:25〜と土曜日の18:25〜ですよ。この番組は水曜日です。うちのブルーレイは録画しても副音声が出なくて日本語でしか見られませんでした。なんとかしてほしい!他のうちはどうだか分かりませんが、メインのテレビの音声切換ボタンと字幕ボタンを駆使すれば古い器械でも英語で同番組を見られます。副音声➡︎英語 か、副音声➡︎英語+字幕➡︎日本語が英語学習には効果的だと思います。録画できる人は吹替一回、英語のみ一回ずつという方法もあります。私はビデオデッキ時代、字幕機能などなかったのでこの方法で英検準一級取りました。

   英検を受けようと思っている中学生諸君、留学に興味がある人、英語の授業はキライだけどアメリカには興味がある人、久々にいい感じの番組が始まったよ〜!NHK、でかしたグッジョブ!