さすらいのハル、異論反論日記

ドラマや映画、漫画やニュースに言いたい放題言わせて頂きます。

過保護のカホコ、思いがけず収穫

私は遊川和彦という脚本家が好きではありません。が、今回の過保護のカホコはちょっとハマりそうな予感がします。今さっきその思いをブログに書いたところ全文消えてしまって、もう一度書くのが面倒なんですが、とりあえず広めたいので簡単にまとめ直しています。まずカホコの一生懸命さと主演の高畑充希ちゃんの全力投球な演技力が相まって、見る人を魅了するんでしょうね。親戚のウザさとか人間の表面的な欺瞞と裏の汚い本音というのをオモテ裏がないカホコと対照的に描きたかったんでしょうけど、今回「糸」ちゃんが親戚のウザさについてはぜんぶブチまけてくれました。糸ちゃんが「べっぴんさん」の喫茶店の不幸な女の子と同一人物なころに気づくのに時間がかかりましたが。

 ひよっこで慶応ボーイを演じている竹内涼真君もこっちの作品のほうがはまり役だと思います。バイトを掛け持ちして苦労人なのに、わりとカホコのことは見捨てずに仕方なく構ってしまう。作中に「そんな子犬みたいな顔すんなよ」という台詞がありますが、まさに。充希ちゃんが仔犬か仔猫みたいに幼くて可愛いったらありゃしない。あの危なっかしい走り方、没頭したときの目がいっちゃってる感じとか、あの泣き方とか演技力がないと無理なんじゃないかなあ。高畑充希ちゃんを観察するだけでも一見の価値ありです。竹内君はそれでいてカホコとラブ、ていう展開に安易に持って行かなそうなのも好感ポイントです。

   今後、カホコがどんな進路を選ぶのか、どんなきっかけで母親と決別できるのか、可愛いのと一生懸命しか取り柄のないカホコが、何をこれからどういうやり方で大人になってゆくのか、ついつい次回が楽しみになっちゃいます。二十代ならまだチャンスはたくさんありますから。

     遊川作品は人間の裏は最低だ、とかトラウマや酷い環境で人生どん底、とか(でもそのそこには優しさがあることも)っていうメッセージが全面に出る所が、ドラマには一縷の望みと癒しを求める私には残酷すぎてちょっと苦手なイメージがあったのですが、今回はカホコ演じる高畑充希ちゃんのパワーでその辺カバーできそうです。「純と愛」みたいに最悪にならなきゃいいんだけどね。

  

   

   

   

いじめ、って一生を通して影響を与えるのだと私は思いますが…

 

トラウマという言葉は嫌いです。まず、昔のことを蒸し返しても進歩がないのは分かっている。でも、一生引きずるしいじめを受けたことがない人にこの恐怖はわからないと思います。

「成績の良い人は、基本陰湿ないじめはしない」説を唱えてみました。スーパーのお局さまとかママ友のいじめとかね。豊田真由子議員は高学歴ですが、この案件は陰湿じゃないし、一人で暴言吐いてる困ったちゃんなだけだし、どちらかというと感情のコントロール面で病院に行かなければいけない事案だと思う。スーパーやママ友のいじめは立件されることはない。「低学歴の一定の人物=いじめに走りやすい」説は結局論理的に説明できないし、論破される。私が間違っているのだろうとは思います。が、現実がそうなっているんです。

    私の理論というより経験で、以下のことを私は現場で見ています。

まず、私を小学校の時いじめた人は小学校で私が苦手な運動や集団行動や機敏なルールへの順応ができていた。担任の先生に気に入られるコツも分かっていた。工作や家庭科もいじめた人はみんな得意だった、でも私は全て苦手だった。だからいじめられた。(のちに発達障害だと誤診される) 

➡︎ 中学校で重要なのは試験の点数と授業への貢献度。逆に私をいじめていた人はゴシップや悪口や人間関係、異性のことや後輩いじめなどに興味関心の中心があった。当然英語や社会の授業でディベートなどについて行けない、(私は家庭教育の関係もあってニュースと教養番組ばかり見ていたので口喧嘩の才能が認められたのと、テストで努力させられて明らかに良い順位がついた。)

➡︎ 親から(特に父親)地元トップ高校に入ったら小学校のときいじめた奴とは一生会わずに生きて行けると刷り込まれる、あと父親は公務員で、同僚はみんなが良い人なわけじゃないけど、高学歴の人間は机の中に残飯やゴミを入れるとか持ち物を壊すとかいうあからさまないじめはしないと繰り返し諭される。

➡︎ 小学校のとき私をいじめた中心人物数名は総じて偏差値が足りなくて高校入学時、遠くの学校に進学したので事実上16歳で本当にお別れすることができた。私はあとは必死で彼らには絶対なれない職種に就こうと努力してみた。 紆余曲折を経て大学入学。彼らから離れるために重要なのは資格の方。ここから学歴はどちらでもいい。あとは実力のみ。私は教員だったから免許制でしたが、体育の意地悪な教員がいても、私の運動能力の無さを馬鹿にしたところで英語の授業に口出しはできないから。

➡︎ いくら求人があるからといって、ただでさえマルチタスクを要求されるコンビニ、スーパーの仕事は向いていないと思います。一応発達障害傾向があるらしいのにマルチタスクはこの障害者がもっとも苦手とするところ。突然の計画変更も然り。クレーマーの客など来ようものなら。しかも初心者。そこにベテランのパートがいるとして、たまたま人をいじめる事を生きがいにする人がいたら私は格好の餌食です。大抵の職員は良い人なのでしょうが、小学校の経験上、いじめがおきる時、普通の優しい人はいじめられる人を簡単に見捨てて、いじめる方の人に加担するのがほとんど、せいぜい傍観者になるだけです。コンビニ、スーパーは応募資格を問いません。昔訣別できたはずの元いじめっ子に(被害者が別の市の赤の他人だとしても) 再会する可能性は、資格付きの専門職の仕事に比べると確実に高いと思うのです。しかも私はお金が欲しいだけでやる気があるわけでもないし、ただでさえ飲み込みが悪い。ぞれら全て攻撃材料になる。

➡︎ あと、仕事がらみで勉強が苦手な子供と接しますが、趣味とか目標がない生徒に限って友人同士の共通の話題もないし、何かに夢中になれる楽しみも、無難な会話の仕方も知らないので、少し暇になるといじめ遊びを始める傾向にあると客観的に思います。話題の中心が「〇〇ムカつくよね」「〇〇付き合ってるらしいよ」など異性関係やクラスの生意気なヤツや後輩いびりに向く。今だったらスマホのLINEを通すんだろうな。ちなみに私は事務連絡以外ラインを絶対にやりません。何か目的を持って働いているならともかく、ただカネのために仕方がなくやってるだけの職場で、しかも何の資格もなく誰でもなれるとしたら、意地が悪くても強いものだけが淘汰されていくような気がして、いじめにあう率が高くなる勘がはたらくのです。理論じゃなくて、勘です。

➡︎ 私自身は小学校の時、周りからも「不細工で聡明でもない可愛げのない子」と思われていたし、自分は多分一生浮かばれないとおもっていました。中学のテストで学年トップ数名に入り全てが逆転したとき人生って何なんだろうと思いましたが、ここで勘違いしちゃったんでしょうね。

➡︎ 勤めている学習塾では「出身校は〇〇です」の一言で親も生徒も黙ります。塾だから仕方ないけど学歴至上主義のバカ親が来た時、親の今までの「このデブ大丈夫?」って感じのあからさまに見下した態度が一変したとき、当事者の私まで「コイツ本当に馬鹿なのでは」と思います。「このデブ」のままでは外の世界ではいじめの対象になりうるんですよ?

結局逆に言うと、偏差値低くてしかも学歴コンプレックスの人の間では、〇〇卒業生でしかもトロい使えない従業員だとしたら、スーパーやファストフード店で五割以上攻撃の対象になる、と思いませんか?

    もし、昔のいじめた奴にあったら、できるだけ優雅で難解な言葉を使って相手の弱点を徹底的に叩きのめすと思います。いじめって、それくらい根が深いものです。経験したことない人にとやかく言われたくないです。しかも治せるものでもないのですよね?ただ、私はいじめた人を「こいつらは頭が悪いから人をいじめる事しか娯楽が無いんだ。」と徹底的に見下すことでいじめから目を逸らして生きてきたんだと思います。学歴差別をしているわけではない。ちなみに私の友人は中卒ですがでバイトから入り飲食関係を極めて今も高級レストラン?で働いている立派な人です。彼女は私をいじめず得意な家庭科で私を助けてくれました。相手をどう見るかはあくまで私をいじめた人リストに入っているかどうかが基準です。

 PTSDって直らないのだろうし、それは戦争体験者を見れば分かるけど、どうしたら寛解して行くんでしょうかね?いじめにあった人って、大人になってどういう人生を歩んでいるんでしょう?忘れて前向きに生きてる人ってどのくらいいるんでしょうね?「私も辛いんです」っていうリプライはいりませんよ。自分のカウンセラーさんか心療内科に行って下さい。

ひよっこにハマってます

 長い文を書くのもどうかと思うので、今日のひよっこについて。不器用で最初なので上手く職場になじめないみね子が、宮本信子扮するオーナーと先輩ウエイトレスと一緒にあんみつを食べるシーンが今日の回にありました。みね子は、営業時間が終わったら、自主練します!すみませんでした!と謝るんだけど、その時の宮本信子のセリフが「仕事はね、お給料を貰ってる時間にだけ一生懸命やればいいのよ。」と有難い一言。まあ、今のご時世、サービス残業ブラック企業だらけですから、その辺を意識して脚本を書いているんだろう(岡田さん、だっけ?) とは思うんですけど、現代人には身にしみる一言でしたよね。私の仕事は5時間準備して、1時間分の給料をもらうのが当たり前な教育産業ですから、オーナー、それはそうなんだけど世の中そんなに甘くない気がします…と言いたい気持ちもあります。やりがいの搾取ってやつ。特に、この先何十年を見据えて、今した苦労が後で専門職として報われるための礎になるのである…的な職人的な専門職はそうですよね。医師とか、教師とか、料理人とか、美容師とか、人に関わる仕事とか。でも、料理人の仕事が機械によるオートメーションに、教師の仕事はネットやフランチャイズ化にとって代わられ給料も激減するのだとしたら、時給だけ働けばいいって割り切らなければ、辛すぎるわけで。

  まあ、言いたいことは色々ありますが、このドラマの好きな所は、美味しそうな食べ物を有村架純ちゃんが旨そうに食べるシーン(孤独じゃないけどグルメ)なところと、宮川アキラ氏作曲による背景音楽にあります。彼が手がけたETVの「クインテット」という子供向けクラシック番組が好きだったけど、ひよっこでも、ギターとかよりも、まあるい木管楽器の音とか、ちょっとレトロな昭和歌謡風なメロディ、吹奏楽出身者なら、ああ自分が昔やった楽器の音がするー…♪( ´θ`)とちょっと嬉しい工夫がしてあって楽しいです。今日はまずそんなところでしょうか。また思う所あったら続き書こうと思います。

英語教育の進歩が、英語嫌いを増やすとしたら?

     定期テストが終わって、結果が出る時期になりました。私の働く塾で起こった出来事です。生徒が定期テストの英語科で悪い点を取って来て、私の教え方が間違っていたと責めました。それは少し当たっていました。教科書の本文中心に教えた(といっても二回だけしか教えるチャンスがなかった)のが裏目に出たのです。八年前までやっていた教員時代、普通定期テストは本文から出題されるという教員間のテスト作成のルールがあったから教科書中心の教え方をした訳ですが、見事に一問も教科書から出題されなかった。そのほかにも理不尽な採点方法があり、私は怒りが久しぶりに爆発しました。
     あくまで私の信念で個人の意見ですが、英語という教科の良いところは、知能が正常範囲内ならば13歳からスタートして(小学生のとき劣等生でも) 頑張れば努力が必ず報われることなんです。教科書から出題しないということは、学校で真面目に教科書を読んで授業を受けている平均的家庭の生徒を見限って、英会話学校などで幼少時からお金をかけた生徒が優遇されることと同義なのではないか。
私が英語を教えている理由は「世の中は不条理だけど努力が報われる世界もほんの少しはある」ことを伝えたいという気持ちがあるからです。自分も良い先生方にそう教わってきたから。自分が学校に勤めて試験を出す側だったときは貰った権力の全てを使って、努力した人が頑張ったぶんだけ報われる試験を作りました。
    社会では人間は時に裏切ることもある。世の中は容姿とか要領の良さしか見てくれないことも多い。もちろんそれらを現実として受け止めるしかないけれど、どんな見た目が不細工でも性格が不器用でも運動が苦手でもテストの点だけは頑張る人間を裏切らない、と考えるのは古いですか?この考え方が間違ってることは知ってます。そもそも暗記などの知的能力だって個人差があり恵まれている人とそうでない人がいることも分かっている。でも努力が報われることを一瞬でも思春期だけでも真実にするのが私の仕事なんです。50点の人が頑張ったら65点取れるようにしてあげたっていいじゃないですか。

   実はその怒りの対象となった中学の問題は英語の専門家として見れば良い問題でした。

具体的に言うと「好きな季節は何ですか。その理由は?」という問題が出題されました。質問自体はコミュニケーションツールとして悪くない。でも、秋が好きで紅葉のことを書きたい中学二年生はどうすればいいだろう?紅葉turning of the leaves は二年生では習いません。私は生徒に「嘘でも良いから理由の答えが書ける文章を作れるか判断してから好きな季節を決めなさい。」と指示しました。例えば冬が好きなことにする。理由は「スキーできるから。雪が好きだから。」なら満点の答えが書ける。ちなみに私はスキーが大嫌いだけど、それが私の模範回答です。夏でも「プールで泳ぐ事ができます。海が好きです。」なら小学校低学年レベルの馬鹿っぽい作文だけど満点。私に抗議した生徒は冬なら雪合戦が好きだそうです。でも雪合戦「snow ball fight」を中2の英語では表現できない。だから、嘘でもスキーと書いておくしかない。春が好きな人は中学二年生のレベルでは「お花見」「桜」「だんだん暖かくなる」といった表現ができません。コミュニケーションと名のつくものは全部そんな調子なので、感受性豊かで真面目で言いたい意見があればあるほど英語で表現できないもどかしさに苦しむことになる。

     最近の英語教育とその目標に言えることですが「相手を喜ばせるような正解を、見え透いた嘘でも何でも良いから、文法的な要点は押さえつつ適当にペラペラ言えれば、または書ければ点が取れる教科」に成り下がりつつあるように思えるのです。もちろん本当に言いたい事を表現したい優秀な生徒はボキャブラリーを増やすために辞書を引いたり、先生に質問したり、ラジオ講座を聴いたり、自分なりの方法で能力を高めるのでしょう。私自身はテストの点数のためなら平気で嘘をつく狡い人間です。でも真面目で口下手な人、嘘つきじゃ無い人はせっかく英語の知識があっても、英語以前の問題でつまづくかもしれないし、英語学習が途上ならば中途半端な文しか作れない。結果点数を落とすことになります。「コミュニケーション英語」(高校の教科名)という名前の教科なら仕方ありません。でも中学の普段の学習成果を測る指標である中間テスト期末テストでは英文法と教科書本文を出題するように研修現場で叩き込まれているのではなかったか。最近は考え方が変わったのかもしれませんし、学習指導要領をちゃんと読まない私も悪いです。でも教科書引用抜きの問題を出すならば、成績が良くなかった生徒を救済する措置をすべきではないでしょうか。何しろ、通知表の結果は内申書に載り、入学試験の結果を左右するのだから。器用な嘘つきがコミュニケーション上手で、そうじゃない人をコミュ障と呼ぶのだとしたら、世の中って何なんでしょうね。

    しかも、二十年前は単に構文や単語をたくさん覚えているかなど、努力を測る道具でもあった英語という教科が、そこから努力の要素を削り取られるのだとしたら、教科としての英語の存在意義がますます危うくなる気がするのです。私は英会話が好きですが、嫌いな人だって英語とは受験までお付き合いして行かなければならない。もちろん語彙と文法はないがしろにされはしないでしょう。しかし英語にそれほど興味関心を持たない生徒にとって、努力が報われないテストのせいで彼らがますます英語嫌いになって欲しくないと願うばかりです。

 

下剋上受験というドラマにひとこと

 塾講師の私としては、もともと注目していたこのドラマでしたが、このお話から学べること、突っ込みたいことはいくつかありました。

 まず、作中に出てくる塾は塾として問題があるということ。前に生徒を出させて答えを書かせて正解するなら、そもそも講師なんていらないわけで。カリスマ講師なら、そうでなくてもまっとうな講師なら生徒がつまずいているところを見つけてヒントを出すべきなのであって、恥をかかせるべきではない。阿部サダヲはこの塾に娘を入学させなくて正解である。でも、やはり勉強でわからなくて困ることは出てくるわけで、先生的な存在は必要だろう。不動産屋の部下で東西大学出身エリートを家庭教師として1週間に数回雇うのが手っ取り早い解決策だとは思うが、だれか、勉強のプロフェッショナルを見つけ出す必要性はあるだろう。

  阿部サダヲ扮するお父さんが「俺が塾になって、問題集を一緒に解く」という考えは、塾に頼っている保護者全てに聞かせてやりたい心掛けだと思う。塾なんてほとんど週1・2回の授業、時間数にして月4-6 、多くて8-10時間だけなのである。時間数が少なすぎる。もちろん自習室を開放していることをウリにしている塾は多いが本人のやる気がなければここを有効活用はできない。

   実をいうと、私の父はこのドラマの阿部サダヲと同じことを生き甲斐にしていた。ドラマでは娘を中卒にしないという目標を立てているが、法学部卒で公務員だった父は文型の限界を感じ、私を医師にすることが人生の目的だった。結果から言うと私は英語科に進んだから父の目論見が外れたことになる。しかしその教育方針は塾の講師として今生徒に強要するにはハードすぎるが、正しかった気がするのだ。ドラマで阿部サダヲが本屋で問題集や参考書を一気に何十冊も買い込むシーンがでてくるが、受験に関してはそれが正解だと思う。欲を言えば、解答解説らんが詳しい問題集を精査すべきだったろう。通信教育なども盛り込んでもいいかもしれない。しかし、父の方針も同じく各科目の問題集を約6冊ずつ買って、定期試験の度に範囲を6冊分、5教科なら30冊こなすわけだ。といっても、試験範囲などページ数にして10ページあるかどうかだから300ページやるだけ、といえばシンプルそうに聞こえるし、公務員試験や落ち続けたけど司法試験勉強に慣れていた父にとってはこれくらい当たり前の学習方法だったのであろう。利点は、異なる問題集を数こなす事によって、共通する問題が解ってくることだったりする。そこが試験のヤマともいえる。どんな馬鹿でも同じ問題を6回やってまた同じ問題に遭遇すれば嫌でも答えを覚えるものだ。家族からは「バカなら人の二倍勉強しろ」と繰り返し言われ、私もバカみたいにそれに従った。ある意味虐待だな… 弟はそれを拒んだので親が文字どおり体を押さえつけて時折殴りつけられながら同じ勉強法を強要させられた。まさに虐待だ… 

   その結果、地域のトップ公立校に受かったと書くと成功譚としてとられるのだろうが、やはり公務員の娘、母も短大卒で勉強の素質はあったのだと思う。このドラマで少し私が危惧しているのは中卒でも頑張れば学歴を得て将来を開けると思い込む人が出てくることだ。私は鉄棒の逆上がりもできない一輪車も乗れないマラソンもビリの完全な運動音痴だが、世の中には勉強の音痴もいる。それは教える仕事をしていて嫌という程思い知らされている。彼らは中卒とかバカとか呼ばれるのを極度に恐れているけれど所詮逆上がりができないのと同じレベルのことだと私は思っている。逆上がりも英会話も数学の証明問題もできなくて人生で困ることってどれ位ある?その代わり勉強なんか無視してドラマの登場人物のように中卒だけど大工や個人商店の経営者として活躍している人もたくさんいるはずだ。結果的に勉強から遠ざかるから中卒ということになるけれど。阿部サダヲはたまたま中卒だけど不動産屋の仕事ぶりからして地頭の良い人なんだと思う。そういう意味では娘の香ちゃんの成績にも期待は持てる。

    私は学習塾講師として保護者からお叱りの電話を受けることがあるのだけど、時にはこちらに非があることもある。しかし、文句の内容が「試験の結果が悪かった。通知表の評価が2だった。」として、保護者のあなたは大切な子供のために何をしてあげただろうか?阿部サダヲみたいに一緒に勉強してあげた?塾は確かにお金を払って勉強を教えるところだけど、美容室のように数時間後満足な結果が返ってくるわけではない。本人が努力しなければ講師がどんなに分かりやすく教えても限界はある。塾はライザップやエステに似ているのかもしれない。結局本人がインストラクターの指示どおり動かなければ結果はコミットできないから。

    私は生徒を通じてテスト前に保護者向けの手紙兼指導マニュアルを渡すことにしている。対象は主に高校生。たまに中学生。まず、問題集と暗記事項を(       )で抜いた手作りプリントを数十枚渡しておく。そして、英語に限ったことだが、親の前で教科書の音読、プリントを使った暗唱を10回近くしてもらう。できれば教科書の暗唱が完璧にできる所まで行けば満点も狙えるレベルに到達するだろう。でも、私がここまでやったところで、マニュアルを本当に親に渡す生徒が何人いるだろう。親もそこまで必死に面倒見てやろうと思える人がどれだけいるだろう。塾はそんなに表面的で金儲け主義の場所ではない。結果が全てだから講師だって地味でも良心的な人はたくさんいる。

   だから、この「下剋上受験」を見て、俺も私も阿部サダヲみたいにやってみようと思った保護者の人は、塾(学校でもいいけど個人対応はできないので)の担当者に、「『下剋上受験』っていうドラマを見たんですけど、私も家で学習を手伝いたいんですよ。どうすればいいですかね?とりあえず復習できる宿題を1週間分出してもらえますか?監督は自分がしますんで。わからないことがあったら来週の授業で教えてもらえます?」と持ちかけてみることをオススメします。一緒に勉強するのであれば個別指導塾なら保護者が横で見学していても迷惑かもしれないけれど断りはしないと思いますよ。

     このドラマはドラマなので娘の香ちゃんはかなり先天的に勉強のできる子で努力をしてなかっただけ、という展開なんだろうけど、阿部サダヲパパがこれからどんなマイホーム塾センセイになるのかが楽しみです。

     個人的には明るくて前向きな家族、とくに不器用だけど優しい爺ちゃんとバカながら可愛くて現実的な深キョンママがいるってだけで中卒とか関係なしに幸せだと思いますけどね。みんな、逃げ恥で高学歴な二人が悩みのどん底に苦しんでいたことをもう忘れちゃったの?

     

   

 

 

   

クレーマーもやり方次第・・

   高齢者の母が、今日ヤマダ電機でラジオを買ってきたんです。そしたら、AMラジオがまったく繋がらない。確かに群馬で聴けるラジオはNHKとTBSだけなのでその点は諦めているのですが、その二局すら繋がらない。母はヤマダ電機カスタマーセンターに電話をかけました。そしたら、一度開封したものは返品を受け付けないとのこと。まあ、店頭で実物を開けてもらって実際に聴かなかった母にも非はあるでしょうし、母は「明日東京に行くのでそこで聴けますか?」と質問して店員は大丈夫だと答えたのだそうだけどもその質問方法にも問題がある。でも、密封してあるラジオ(そして今時小型ラジオは店頭見本などないであろう)の性能を確認できる訳はないわけで。

  どうしても合点がいかないので、代わりに私がヤマダに電話しました。「東京で電波を拾える商品なのかもしれないですけど群馬で売っているラジオなのに群馬で受信できないのって変ですよね?まあ、確認しなかったこちらにも大いに非はありますが。」と聞いてみたら、ヤマダ電気側は「一旦検討させてください。折り返しお電話します。」とのこと。で、30分後、返品OKとの答えが。やればできるじゃん、ヤマダ電機!そして、高齢者をなめるのはどうかと思いますよ?

   ラジオなので大した値段じゃないですけど、ヤマダ電機さんの誠意を認めて、返品分のお金で新しいイヤホンをその売り場で買うつもりです。(ラジオは私のSONY高級小型ラジオを母が「これ壊れてる」とかいちゃもんをつけてたので、実演して聞こえることを確認してもらいました) 母がはやくスマホを買ってradikoでラジオを聴いてくれるようになればこちらも楽なんですけど、頑固だからなあ。そして、安物と比べるとツイッターの住人さんたちからアドバイスをもらって大金はたいて買ったSONYラジオが如何に優秀かよくわかりました。

「デート」っていうドラマ覚えてる??

     私は逃げ恥の平匡さんがプロの独身から卒業したことに狼狽えてるんですが、(あれって人生哲学ではなく単に自信がなくて臆病な自分、ぼっちで可哀想な自分を正当化するための言い訳だったの?)そのからくりを考えているうちにあるドラマを思い出しました。月9枠でリーガル・ハイ鈴木先生などの脚本家、古沢良太さんが書いた「デート 恋ってどんなものかしら」です。

     よく考えてみるとあれも分厚い契約書で恋愛、結婚を理性で乗り越えようとした契約結婚の話なんですよね。もっともみくりの役が長谷川博己さん、平匡の役は杏さんなので男女逆転してるんですけどね。みくりは多少交際経験があるのに対し長谷川博己の役(谷口巧)は付き合った経験こそあれど高齢童貞のひきこもりですが、仕事ができない、仕事が見つからなくて貧乏という点では共通しているかも。妄想癖はないかもだけど巧は小説や漫画や古い映画の中に生きてるような人だし。

   平匡に匹敵する杏ちゃん(藪下依子)は東大卒の数学博士号取得したエリート(たぶん)で物事を理詰めで考えて契約書にすればうまく感情的な欠点を解決できると思っている。恋愛というものがよくわかっていなくて、考えた挙句、恋などという曖昧な感情は排除して合理的で建設的な関係を巧と築こうとする。巧のほうが小説映画に慣れ親しんでるだけあって、ひきこもりとはいえ人間らしい心を持っている優しい人なのでこの関係、始めてみたもののどうなんだろう…でも自立のためには、金のためには仕方ない…と言っているうちに一見孤高の女の子に見える依子の脆さを理解しはじめる、といった話だったと思う。恋ダンスはなかったけど広末涼子の「マジで恋する五分前」に乗せてフラッシュモブ&プロポーズ!とか似た要素もあったような。

    みくりみたいな妄想シーンはないけれど、依子が着慣れない可愛い系の服をモテ女子マニュアルの通り着てくるんだけど花を付ける場所が間違ってたり、石森章太郎サイボーグ009のコスプレしたり、笑える要素満載なんですよね。

     それだけ、草食化といっちゃえばそれまでですが、理性的に割り切らなければ、役割分業としての共同生活または社会的ユニットとして考えなければ結婚なんて利益の分配がハッキリしない曖昧なシステムは成立しない。また恋愛なんていう得体の知れない、いつまで続くかも分からない相手の無償の気持ちを信頼すること自体、普通の神経ではできなくなっているのかもしれない、と思うんです。だからこそ「デート」や「逃げ恥」が共感を獲得する。

        福士蒼汰君とかが主役やってるような恋愛映画とか漫画とかドラマを本気で信じちゃうようないい意味でお馬鹿さんな子達って逆に少子化対策としては貴重な存在ですよね。私、偏差値38の学校に勤めてましたが半分くらいの女の子はお馬鹿さんだけどピュアで意外に真面目で、家計簿も料理もイマイチかもだけど私が男なら偏差値70の学校の子よりこちらの子達を嫁にします、絶対に。進路指導部にハローワークの求人票を並べておく棚があるのだけどそこに「永久就職、専業主婦」の求人も置いておけばいいのに、は暴論でしょうかね?

       そういえば、ある人に「デート」の話をしたら、「普通にドラマを楽しめばいいのに、なんで小難しく考えるかなあ?」って言われたんです。その言葉そのまま「逃げるは恥だが役に立つ」にも適用すべきなんでしょうね。感情を頭でなんとか正当化しようとしても、結局もやもやしてしまう。かといってみくりと平匡みたいに「火曜はハグの日」で解決できちゃうのかな。自分の小賢しさ、頭でっかち、なんとかなんないかなあ!もう。